テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 590
  • 公開日時 : 2016/08/01 16:47
  • 印刷

排煙機と標準送風機の違いは?

回答

排煙機は、取扱気体が280℃で30分、更に560℃で30分問題無く運転する必要があります。
そこで、当社において排煙機と標準送風機の構造は次の点が異なります。
プーリ側軸受・・・軸受メーカ標準の耐熱仕様(スキマ、グリースが異なる)
反プーリ側軸受・・・当社専用の耐熱仕様(スキマ、グリース、材質処理が異なる)
            片側軸端鋳鉄製カバー付き
主軸・・・熱膨張に対応するため、反プーリ側軸受止め部がスライド可能な構造にしている。
吸込口・・・熱膨張に対応するため、羽根車側板と吸込口のクリアランスを大きめにしている。(シロッコ型のみ)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます