テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 523
  • 公開日時 : 2016/07/30 16:37
  • 印刷

揚液の比重によりポンプ能力はどのように変化しますか?

カテゴリー : 

回答

ポンプの能力は、揚液の比重により次のように変化します。(4℃の水の比重を1とします。)
吐出し量(m3/min): 変化なし
全揚程(m): 変化なし
吐出し圧力(MPa): 比重倍
 比重が0.9の場合、吐出し圧力は水の場合の0.9倍となります。
軸動力(kW): 比重倍
 比重が0.9の場合、軸動力は水の場合の0.9倍となります。
但し、粘度が水と同等の場合に限ります。粘度が水と異なる場合は別途粘度による検討が必要です。
≪例と注意点≫
ポンプの能力を揚程(単位m)で表すか、圧力(単位MPa)で表すかで、比重による影響が変わってきます。
例えば、吐出し圧力が0.98MPa(1.0kgf/cm2)の場合、水なら高さ10mまで揚げることができます。 同じポンプで、比重が0.9の液を使用する場合、吐出し圧力(圧力計の値)は0.9倍となり約0.88MPa(0.9kgf/cm2)を示しますが、高さは水の場合と同じく、10mまで揚げることができます。
水と同じく10mまで揚げても、比重(質量)が小さくなるため、軸動力は0.9倍と小さくなります。
逆に比重が水より大きい場合は、揚程(高さ)は水と同一でも軸動力は比重倍で大きくなるため、注意が必要です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます