テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 516
  • 公開日時 : 2016/07/30 16:37
  • 印刷

ポンプはどのくらいの間締切運転を連続できますか?

カテゴリー : 

回答

遠心ポンプ(渦巻きポンプや多段ポンプ)を連続で締切運転すると、羽根車が水に与えたエネルギーが撹拌摩擦によりケーシング内部で熱に変わります。このため、次のような異常が発生します。
(1) 内部圧力の異常上昇によるケーシング等の破壊
(2) 内部の熱膨張による摺動部(ブシュやライナリング等)のロック
(3) 水潤滑不良による摺動部(ブシュやライナリング等)のロック
従って、ポンプは締切運転状態で5分以上長く運転しないでください。 (ポンプ取扱説明書に記載しています。)
ポンプを締切運転したときにどの程度温度が上昇するかは、ポンプの大きさや回転数、ケーシングの容積、さらに液の温度や周囲の気温等により異なります。
 
(参考)
過去の実験例では、温度上昇 : 毎分2~3℃程度上昇最高温度は150℃以上まで上昇 (締切運転約70分)内部圧力はポンプ締切運転の約140%まで上昇といった例が見られます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます