テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 509
  • 公開日時 : 2016/07/30 16:37
  • 印刷

NPSHはどのように使いますか?

カテゴリー : 

回答

ポンプのRe-NPSHと配管等のAv-NPSHを比較することにより、ポンプが正常に運転可能かキャビテーションが発生するか判断できます。
一般には余裕をみて、 Re-NPSH × 1.3 ≦ Av-NPSH なら運転可能と判断できます。
 
(例)配管のAv-NPSH = 5mのとき、
ポンプのRe-NPSH=3mなら、3×1.3=3.9<5 ・・・運転可能
ポンプのRe-NPSH=5mなら、5×1.3=6.5>5 ・・・運転不可能
と判断します。
原理的には、
Re-NPSH ≧ Av-NPSHならキャビテーションが発生する
Re-NPSH < Av-NPSHならキャビテーションが発生しない
となります。
しかし、Re-NPSHもAv-NPSHも概算値であり、また余裕がない状態では少しでも仕様点をはずれるとキャビテーションの危険があります。
このため、一般には上記の1.3程度の余裕を考慮して計算します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます