テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1764
  • 公開日時 : 2016/08/19 19:44
  • 印刷

2つ以上の浴槽を1台のろ過装置でろ過できますか?

回答

できます。ただし、衛生上の問題から内湯と露天風呂は1台にまとめないでください。
〈理由〉露天風呂は土埃などと共にレジオネラ属菌が入りやすく、汚染されやすいので汚染された場合他の浴槽(内湯)に波及するおそれがあるため。
 
1.行うための必要条件
①浴槽どうしの連通管を設けること。
⇒連通管が無いと、ろ過運転中に水位バランスが保てず、時間とともに水位が減っていく浴槽と常時溢れてしまう浴槽になってしまいます。
②連通管で結ぶ浴槽は全て同一レベルで施工すること。(浴槽満水のレベル)
⇒ろ過運転が停止する毎に、レベルの高い浴槽の水が低い方に流れ、低い方の浴槽が溢れるため。
③全ての浴槽を同時に使用すること。
⇒使用しない浴槽系統のバルブを閉めるなどして、浴槽使用数を変えてろ過運転すると、循環バランスが崩れたり、浴水温度が安定しない、残留塩素濃度が高くなるなどの障害が起こり、安全で衛生的な管理ができなくなります。
 
2.その他の注意事項
①汚れの波及というリスクがある。
⇒1つの浴槽が汚染(糞・尿・洗剤などで)されると、連結した全ての浴槽が使用できなくなるというリスクを認識しておかなければなりません。特に営業目的の施設の場合、損害が大きくなると考えられます。
②温度差のある浴槽は困難。
⇒高温湯や低温湯など設定温度を浴槽毎に変えて運営されるケースを見かけます。これらを1台のろ過装置でろ過するには、浴槽毎に専用の熱交換器を設置して設定温度を変える方法での実例もあるようです。
しかし、複数の浴水が一旦ろ過装置部分で混合されるので、設定温度差が大きくなるにつれて温度維持が難しくなります。
③水質に差が出る?
⇒安定した浄化を行うためには各浴槽の容量に見合った循環量に調整しなければなりません。
各系統に流量計とバルブを設け、正しく水量調整することをお奨めします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます